今シーズン、残すところトヨタ紡織との2試合となったクィーンビーズは本日、愛知県豊田市に移動、試合会場のスカイホール豊田で約1時間の会場練習を行った。
昨年12月の対戦は
10月24日 49-6810月25日 46-74と連敗。
トヨタ紡織は豊富な運動量で圧力をかけてくるチーム
受け身に回らず、前に出て試合の主導権を握りたい。

水野菜穂に試合前日のインタビューを何時ものように行った。その最後に「最終戦を迎えることに対して普段と気持ちの変化は」と、に尋ねると

「変わらないでいようとは思っています
でも、あります最後だからっていうのは。
『最後だから頑張る』はおかしいけれど、
今シーズンの集大成として全員で戦います」と水野。

2019年Twitterに、こんな呟きがあった。
「QBの試合はコートキーパーの仕事がいつもより増える。コートをころげまわり、ルーズボールに飛び込むから。たぶん勝利の女神はモップに宿る。」
Twitterよりの引用@kuma

モップに宿る勝利の女神がクィーンビーズに微笑むことを信じ、共に戦おう。
それぞれの思いを込めて。

試合は両日ともに12時トスアップ
試合はW-tv(https://w-tv.jp/)、バスケットLiveでご覧ください。

Plyaer!でチームへの応援コメント・ご支援を受け付けております

パソコン・タブレット・スマホで試合の進行状況を確認しながら、応援コメントを投稿したり、チームへの支援を行えるスポーツエンターテイメントアプリ「Player!(プレイヤー)」では、クィーンビーズへの応援コメント・ご支援を受け付けております。
ご支援をいただいた方には、当該カードでの選手直筆サイン入り写真他のプレゼントを用意しております。
詳細はこちらで、ご確認ください。

伊與田好彦ヘッドコーチ、キャプテン水野菜穂の談話

伊與田好彦ヘッドコーチ
トヨタ紡織との差はリバウンド。
ここで、どれだけ戦えるか。
相手が大きいことは判っている、それを挽回するための上からのディフェンスも含め残り2試合、全員でトヨタ紡織に挑む。

水野菜穂
今シーズン、これが最後のカード。
ここまで、自分達のプレーが出来ている試合もあれば、まったく上手く行かない時もあった。
良い時は、どんな相手でも戦えている手応えはある。
それを40分間継続したい。