山梨 81– 100 デンソー
ボックススコアおよび試合の動画こちらでご覧ください。

先週のトヨタ自動車との連戦で相手に90点以上の得点を許して連敗したクィーンビーズ。自分たちの展開に持ち込むには理想としは相手の得点を70点台に抑えられるような試合運びで接戦に持ち込みたいところだが、今日も1ピリからデンソーの高さを生かした攻撃と、そこから波及する外からのシュートで得点を重ねられる苦しい展開。クィーンビーズも何とか食いつき、24-29の5点差で1ピリを終了したが、2ピリの序盤デンソーのゾーンディフェンスにシュートを決めきれず、点差を開かれてしまい38-57で前半を終了。
ここでの点差が最後まで詰めきれず、デンソーとの2連戦も黒星発信となった。

明日も同会場でのデンソー戦 15時トスアップの予定です
本日も応援ありがとうございました。

ヘッドコーチ・選手の談話

伊與田ヘッドコーチ
皆、積極的にゴールへ向かってくれたが、これだけ点を取られるとどうしょうもない。
明日に向けて「相手の得点をどう抑えるか」を考える。

キャプテン岡萌乃

いい形ででは入れたが、1ピリからハイスコアの展開になってしまった。
明日は前半の得点を抑えていきたい。
あとはインサイドを何とかしたい。

内堀紫菜

相手が大きいからディフェンスで仕掛けて行ったが、うまく機能しなかった。
相手がゾーンを敷いたとき、スリーポイントを決め切りたい。

星田美歩

出だしは良かったが2ピリの途中で離されたので、明日はそこを修正していきたい。自分たちのシュートが決まらなかった時のリバウンドを取られると、相手の得点に繋がることが多い
そこを何とかしたい。