明日からは大田区総合体育館でデンソーと年内最後のリーグ戦
本日、日本航空高校体育館での練習後、都内の宿舎に向かう伊與田ヘッドコーチ、キャプテン岡にデンソー戦に向けて話を聞きました。

伊與田ヘッドコーチ

平均身長で6cm、うちを上回っているデンソーの高さを生かしたプレーが、うちには一番怖い。
そして、スリーポイントも確率は高い。
高さの違いはしょうがないと思って戦わなくては難しい部分もある中で、こちらのシュートが入らないと話にならなくなってしまうので、なんとか離されないで着いていくことが必要。
チームとしてベースの部分は一戦一戦良くなっている。
この二戦でまたどう成長するかが重要で勝った原因、負けた原因をしっかり分かっていることが大切。
なんとなく、勝った・負けたでは意味がない。
負けても次があるリーグ戦の特徴を生かしながら戦っていきたい。

岡萌乃

このところ出だしで試合の流れが決まることを痛感しているので、そこでどれだけ粘れるか。
このところファウルからフリースローを与えて点差が開いてしまう展開が続いたので、インサイド中心に組み立ててくるデンソーに対してファウルは気をつけたい。
そして、簡単ではないと思うがリバウンドも鍵になる。

年内最後の連戦、なんとか白星を増やしたい。

クィーンビーズの試合は両日ともに15時トスアップ
なお明日の試合は10月12、13日に台風19号接近の影響で開催が中止となった5試合を二日間で行います。
対戦カード等はWJBLのサイトでご確認ください。