山梨クィーンビーズ49 – 79トヨタ自動車 アンテロープス

水上監督のコメント

先週の反省からメンタル的に「闘争心をもって戦おう」特に「1Q、3Qの入り方が重要」と話して試合に臨んだ。

Qうちが先に点を取りスタートしたが終了時は1427だったが、そんなに悪いスタートではなかった。ただ27点は取られすぎ、特にディフェンスリバウンドが取れずに相手に得点を許したため、その点を指摘しての2Q、リバウンドとディフェンスを頑張り、このクォーターに関しては2320でトヨタを上回ることができた。前半は3747と10点差の良い内容で折り返すことができたが、3Qディフェンスでは頑張っていたが、オフェンスで消極的になってしまいシュートを自分たちのリズムで打てず2点しか取ることができなかった。
ここが今日の敗因となってしまった。

ただ今日の試合は1、2、4Qは十分戦えていたので、明日は終始闘争心をもって試合に臨み勝利を掴みたい。

ボックススコアーはこちらからでご覧ください

qb-2016-11-05-1

qb-2016-11-05-18

qb-2016-11-05-17