-最優秀選手に横井キャップテン-

準決勝で、メディセオ(埼玉1位)を破り、昨季と同じく決勝に駒を進めた山梨QB 。丸紅(東京2位)を破って決勝に進んだミツウロコ(東京1位)と対戦し、80:67で勝利し、初優勝。
昨季は、準優勝に終わっただけに、選手たちの喜びも一入。
最優秀選手賞に横井キャップテン、優秀選手賞に飯島副キャップテン、近内(郁)選手、津田選手が受賞。

<準決勝・11月21日(土)、15:00~平塚市総合体育館>
駆けつけていただいた保坂武後援会長(甲斐市長)さんらの大声援を受け、スタートから、攻守にわたって山梨QBペースで展開し、85:60と快勝。
厳しいディフェンス、リバウンド・ルーズボールへの執着など、準々決勝戦とは打って変わって、山梨QBらしさが発揮された試合。
この試合では、ベンチに入った15名が出場し、力いっぱいプレー。出場機会の少ない選手にとって、大きな経験に。
1Q-18:9  2Q-22:14  3Q-25:14  4Q-20:23

<決勝・11月22日(日)、14:30~代々木第二体育館>
どちらも負けられない一戦とあって、スタートから、激しい試合展開。
1Qは、厳しいディフェンスでプレッシャーをかけるが、相手のシュートの精度が優り、4点のビハインドを負って、2Qに。
2Q に入っても、平尾らがプレッシャーをかけ続け、パスミスや24秒ルールのバイオレーションを誘う一方、津田のリバウンドからのシュート、近内(瞳)のドライビング、横井のジャンプシュート、近内(郁)の連続3Pなどで、34:32と逆転し、後半へ。
後半に入っても、一進一退の展開が続くが、山梨QB のスピードある攻撃に、相手のファールが多くなり、3選手が5ファール退場。
終盤まで予断を許さない展開が続くが、残り3分半、ルーズボールに食らいついた近内(郁)からボールを受けた飯島がシュートを決め、流れは一気に山梨QBに。
厳しいディフェンスを徹底し、焦らず、粘り強くプレーを続けた山梨QBに勝利の女神が微笑んだ一戦となった。
1Q-13:17  2Q-21:15  3Q-16:16  4Q-30:19

この大会で6位以上となったことで、全日本実業団選手権大会(平成28年2月11日~14日、仙台市)への出場権を獲得しました。
また、来年元日から全日本総合選手権大会(オールジャパン)が始まります。
両大会とも、全力で戦いますので、皆様の応援、宜しくお願いします。

(試合結果の詳細は、関東実業団バスケットボール連盟ホームページで)

山梨QB 関東実業団選手権大会で初優勝!” への3件のフィードバック

  1. 今大会の結果をとても嬉しく思っています。やったね。
    ゲームレポートにあるように、11/21のメディセオ戦は自分たちのやりたいスタイルでバスケットができていました。しっかりボールをプッシュして、速い展開のバスケットができた。やったね。ベンチメンバーのパフォーマンスも素晴らしかったと思う。コートにいた時間は僅かですが何かをやろうというチャレンジがありました。
    11/22のミツウロコ戦はタイトな試合でした。4ピリオド通してディフェンスを激しくやれた事が勝敗を分け、最後までペースを落とさなかった事が、勝利の要因だと思います。
    なかでも、こちら↓もゲームレポートにありますが、
    >>残り3分半、ルーズボールに食らいついた近内(郁)選手から
    >>ボールを受けた飯島選手がシュートを決め…。
    皆んなの気持ちがつながりました(涙)。あまりのナイスプレーに気持ちが高ぶり、週末、「スラムダンク」を読み返すほどでした(笑)。ご機嫌な週末でした。
    ということで、改めて優勝おめでとう。

  2. 優勝おめでとうございます。
    関東では【敵なし】となりましたが2月の大会では必ず頂点に立ってください。
    名実ともに日本一でWリーグへ!!

    Wリーグ復帰の試金石となるのはオールジャパン!ガチのW勢にどこまで食い下がれるか!!
    決め手はシュート確率。実連のスコアではあんまり出てないから得点に目が行きますが、何%に着目だと思ってます。
    実際、決勝は3Pはミツウロコの成功率のほうが上、フリースローも上でした。
    点を取るところで『必ず決める』覚悟で向かってください。

  3. Msakiさん、いがちゃんさん
    いつも、メッセージ、ありがとうございます。
    オールジャパン、2月の仙台大会とも、強豪チームばかり。
    今回の選手権大会での課題を修正しながら、高い目標に向かって、
    一戦一戦粘り強く戦います。
    これからも、応援、宜しくお願いします。

コメントは停止中です。