-Wリーグ復帰と関東実業団リーグ戦優勝を報告-

7月31日(金)午前、関東実業団リーグ戦でMVPを獲得した横井キャップテン、優秀選手賞の飯島副キャップテン、近内(郁)選手ら16名の選手全員と芦澤代表理事、水上監督、森田GM、保坂後援会長(甲斐市長)が後藤斎知事、石井脩德県議会議長、阿部邦彦県教育長を表敬訪問し、今般のWリーグ復帰決定と関東実業団リーグ戦優勝を報告。
知事さんをはじめ、議長さん、教育長さんからそれぞれ、お祝いと、元気な山梨づくりのためにも、今後のさらなる活躍を期待します、と激励の言葉をいただき、選手一同感激の面持ち。
皆さんの期待の大きさをひしひしと感じながら、選手たちの心は、既にWリーグの舞台に。

午後は、山梨QB事務所で、記者会見。
代表理事の挨拶、水上監督の今後の方針等の説明があり、横井キャップテンからは、「Wリーグで戦えるチームではなく、勝てるチームを目指す」と、頼もしい決意表明。

8月は、多くの選手が山梨をはじめ、地元の国体選手として、それぞれの地区大会(ミニ国体)に出場しますので、全員そろってのチーム練習が難しい状況にありますが、大学チームとの練習ゲーム等を組み入れながら、9月の全日本実業団競技大会(12日(土)~14日(月)、深谷市総合体育館)に備えます。
また、次のとおり、クリニックに参加します。
 ・8月5日(水) 甲府市立南西中 中学生対象
 ・8月30日(日) 韮崎市営体育館 小中学生対象