オータムカップ VS 山形銀行戦

山梨QB 67 – 79 山形銀行
ボックススコア・見逃し配信は、こちらでご覧ください。

オータムカップは、Wリーグ14チーム、社会人推薦の6チーム、U18女子日本代表チームの計21チームが参加し、3ブロックに分かれて戦うカップ戦。
クィーンビーズの初戦は社会人推薦の山形銀行
ディフェンスが機能しないクィーンビーズは、オフェンスでもリズムが掴めずターンオーバーを多発、1ピリ終了時点で15-33と18点ビハインド。
2ピリで立て直し、相手の得点を抑えながら前半を36-49の13点差に詰めて終了。
後半での巻き返しを期待したが、3ピリの入りで躓くと一時23点まで点差が開くが、残り6分で金子寛治ヘッドコーチが要求したタイムアウトをきっかけに、ジリジリと詰め寄り53-68と15点差で残り10分の攻防へ。
しかし、山形銀行のペースで進む試合展開を覆すことは出来ず、この試合に勝ち明日は金子ヘッドコーチが指揮する初めてのWリーグとの対戦を迎えたいところであったが、67-79で初日の戦いを黒星で終えた。
この結果、明日は12:00からTOTOと対戦することが決定した。

ヘッドコーチ・選手の談話

金子寛治ヘッドコーチ

1ピリ、ディフェンスはマンツーマンで入ったが、それが後手を踏んだ
点差が開き出してから使ったプレスのオフェンスは効いたが、開いた得点差を詰め切ることができなかった。
細かいことの積み重ね、やるべきことの徹底が出来ず、流れの中で歯車が噛み合わなくなってしまった。
明日は、オフェンス・ディフェンス共にやるべきことの徹底と、そこからさらに何が積み上げられるのか、今日の試合をしっかり分析して試合に臨みたい。

岡 萌乃

ディフェンスに尽きる
ここまで個人の1対1にフォーカスして練習してきたが、それが破られた時にどうするか
そこが出来ずに後手を踏んだ。
オータムカップはトーナメント
ファンの方々も結果を楽しみにして見てくれている。
リーグ戦の開幕も近いことだし、自分達もそこを自覚して行かないと申し訳ない。