2022.6.26 インターハイ予選山梨県大会フォトレポート

7月23日から四国で開催される令和4年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の山梨県予選が6月18,19,25,26日と4日間にわたって行われ、男子は日川、女子は日本航空が全国大会出場の切符を掴んだ。
大会初日の6月18日から県内4会場で撮影した熱戦の模様を掲載します。

女子決勝 日本航空 62 – 54 富士学苑

3ピリ終了時点で37-46とリードを許す日本航空は、ここまでベンチを温めていたルース・ギフト・エゼキエルを投入。ルースは187センチの高さで富士学苑を圧倒、ディフェンスに回ると大きな声でチームを鼓舞。
形勢は一変し、日本航空が逆転して初のインターハイ出場を決めた。

写真撮影:小林政勝

男子決勝 日川 84 – 79 日本航空

県総体に続いての決勝対決となったこのカード
終始リードして試合を進める日川は、4ピリ残り1分で2点差まで詰められたものの、持ち前の運動量を最後まで落とすことなく、チームのスタイル「ディフェンスからのブレイク」を貫き12年ぶり17回目の優勝を飾った。