本日立川市のアリーナ立川立飛で開催された「Denka presents Wリーグオールスター 2019-2020 in TOKYO」にクィーンビーズから内堀紫菜がスリーポイント コンテストとオールスターに出場。また、オールスターに先立って行われた「フレッシュオールスター」には若原愛美が出場しました。

オールスターゲームのボックススコアはこちらでご覧ください。

本日の様子はフレッシュオールスターから最後のオールスター戦まで
全編をW-TVでご覧いただくことができます。

「遠慮してしまった」と笑顔で試合を振り返った内堀
スリーポイント コンテスト

内堀紫菜試合後のコメント

楽しかったけれど、緊張の方が大きかった。
他のチームの選手たちを同じチームで見て、リバウンドの入り方やシュートの決定率など「すごいな」と思うところが多々あった。
リーグ戦後、今回同じ舞台に立った選手たちを「すごいな」で終わらせず、しっかり戦って行きたいと思う。すごく良い経験になったが、初めてで遠慮してしまった部分もあった。また、この舞台に立たせてもらえる様に、頑張って行きたい。

終始笑顔でプレイした若原

若原愛美のコメント

今まで対戦はあっても同じチームでプレーすることがなかったメンバーとチームを組めて、楽しく良い経験になった。今回のオールスターでバスケットを楽しむことが、すごく大事だと改めて思った。2月に再開するリーグ戦でも楽しみながら自分の持ち味を出していきたい。