今日からトヨタ戦

目指すのはホーム初勝利!!

ここ2週、対戦カードの初戦では点差をつけられて敗退するものの、翌日の2戦目では前日の敗戦の対策を図り相手を今一歩まで追い詰めているクィーンビーズ。

今日明日は、中断明けに対戦したトヨタ紡織、富士通に続き現在暫定4位のトヨタとの対戦。身長が高く個々の能力が高いトヨタとの対戦を前に、甲斐市敷島体育館での前日練習前に伊與田ヘッドコーチ、キャプテン岡にトヨタ戦に向けての話を聞いた。

伊與田ヘッドコーチ

トヨタ紡織、富士通共共にうちのオフェンスをだいぶ研究していた。
トヨタもどこまでうちのアジャストをやって来たか?
トヨタは3番ポジションでも180cmと身長が高い。インサイドにボールが入ったときにどう抑えるか。そして、リバウンドのボックスアウトを徹底して、リングからこぼれたシュートのリバウンドを取らせないこと。そこを徹底すれば戦える事はトヨタ紡織、富士通の2戦目で実感している 。
前日の対策を取った2戦目は戦えているので、なんとか第一戦で接戦に持ち込み、ホーム初勝利を掴みたい。
そのためには初戦のスタートで波に乗ることが重要。

キャプテン岡

トヨタの印象としては一人一人が1対1、スリーポイント の能力が高い。個が強いので一か所で崩れるとバタバタと流れを持って行かれてしまう恐れがあるのと、インサイドでやられてしまうと相手の思う壺になりそうだ。
初戦の出だしで相手のプラン通りにさせないことがうちには必要。
とにかくホームで1勝したい。

ここ4試合の流れを変える意味で、今日の初戦
特にトスアップ後の1ピりで、どれだけ優位性を保ちながら試合を進められるかが、ポイントのなりそうだ。

ブースターの皆さんクィーンビーズパワーを!!
本日も応援よろしくお願いいたします。