qb-2019-2-081- - 3

qb-2019-2-081- - 1

qb-2019-2-081- - 2

今日・明日はレギューラーラウンド最後の連戦でデンソーとの対戦
昨日、会場の伊那市民体育館で練習を行った後、宿舎で伊與田好彦コーチ・キャプテン岡萌乃にデンソー戦に向けて話を聞いた。

伊與田コーチ
富士通の反省として相手のバスケットが「こうで、こうで、こうだから」と対策を考えるよりも、自分たちがやってきたバスケットは「こうだ。だからこういうことをやるんだ」と言うことを、前面に押し出して行かないと戦えない。
と考えて1週間やってきた。
まずはディフェンス。そして、リバウンドへの意識がまだ薄い。相手は183cm.184c.183cmとスタートから大きな選手が出てくるであろうから、試合に入るまで意識づけをしていきたい。

最後の試合なので思い切って行く。

岡萌乃
ここまで、いろんな練習をこなし、いろんな事をやってきた。そのやってきた事を試合で出すことがプレーヤーとして求められることだと思うので、練習してきた事を全て出し切りたい。。相手はインサイドが強いので、簡単にボールを入れさせないように一線からボールマンにプレッシャーをかけ続け、自分たちの悪い時間帯を少なくし、クィーンビーズのペースに持ち込みたい。そして、リバウンド。

両者とも表現は違うが、ここ2ヶ月あまり強化してきたクィーンビーズの持ち味であるディフェンスとリバウンドの出来が試合の流れに大きく影響してくると語っている。

岡のインタビューは「勝ちにこだわる」で終わった
「勝ちにこだわる」デンソー戦
トスアップまで残り5時間。選手は、これか試合前の会場練習に向かう。