12月27日の練習後、キャプテン岡萌乃の今シーズン前半戦を振り返ってもらいました。

開幕のJX、自分の中ではディフェンスでプレッシャーをかけJXを苦しめられるかと思ったが上手く噛み合わなかった。正直やってきたことが、もうちょっと出来るかと思っていたが中・外バランスよく攻められてしまった。その後の日立ハイテク、羽田戦で今シーズン初勝利をと試合に臨んだが思うようには行かず、特に残り1分で5点リードしていて勝ちきれず延長で負けてしまった羽田との2戦目はだいぶ落ち込み忘れられない試合になった。

hanedahaisen0001
羽田との2戦目 接戦の末延長戦で敗退引き上げる選手達

その後の三菱戦から守りも、攻撃もアバウトになってしまい大量失点でやられる試合が続き、個人的にもチーム的にもどう修正していけば良いかが見えなくなっていた。
そんな時に指揮官の交代など変動の激しい中で自分の立ち位置、チームの引っ張り方など、コーチへのアジャストに苦心した時期だった。「キャプテンとしてコーチに合わせた自分のあり方があるんだな」と3週間で3人の指揮官とやらせてもらい、今までにない勉強をさせてもらった。伊與田コーチに変わって迎えたオールジャパン
白鴎戦で今期公式戦初勝利、ディフェンスが機能して勝てたことで自分たちがやりたかった「ディフェンスからブレイク」の形が取れ、光明が見つかられた試合だった。

alljapal0001
伊與田コーチのもとチームの決まりごとを徹底してディフェンスが機能、手応えを掴んだオールジャパン白鴎大学戦

オールジャパンに三菱戦、再開したリーグ戦でのトヨタ戦、新潟戦と連戦の2試合目になるとパフォーマンスが落ちる傾向が出てきたが、これは今やろうとしているバスケットが運動量を求められるものであるのに対して、自分たちがまだついて行けていない事が原因。
リーグ戦は2試合続くので、2日とも同じ運動量を継続するのは現状では厳しい。それが新潟との2試合目で顕著に現れ2点差で負けてしまった。しかし、新潟戦の敗退があったから今走り込みが頑張れてる。今シーズン初勝利の後のあの一敗、1日目は守れてる実感があり決まりごとも徹底できたが、2日目は動けなかった。観客の皆さんには1日目も2日目も関係ない、全試合で最高のパフォーマンスを表現出来るのがプロだと思う。休止期間中の練習は今までのシーズンで一番きついけれど、そこを乗り切りリーグ戦期間中も体力強化を続けて行きたい。
あと後半戦に向けては選手全員がコートに入った場面で、いかに決まりごとを守りつつ各自の個性を発揮できるか。あの激しいラリーの中で途中から出るのは状況判断含めとても難しいが、運動量を求められる戦い方の中では出場時間をシェアし、コート内で各自がベストのパフォーマンスを見せれるようになる事が必須。

pick45054348591_b7245168da_o

正月休みは実家でリフレッシュして3日から練習を再開、1月19日から再開するリーグ戦では初戦のアイシン戦で結果を出し、その後の試合に勢いをつけたい。