-「除災得幸 福は内」と豆まき-

節分の日の2月3日(水)、恒例の身延山久遠寺の節分会が行われ、山梨QB選手が大相撲の浅香山親方(元大関魁皇)らとともに、ゲストとして招かれました。
参加したのは、飯島早紀、津田史穂莉両選手と正木あずさマネージャー。
身延山に到着すると、身延山節分奉賛会の方の案内で、控え室へ。そこで、裃を着付けしていただき、先ず、内野日総法主猊下を真ん中に、ゲストの浅香山親方、魁聖関、旭秀鵬関、西田理沙さん(歌手)らとともに、記念撮影。ここで、選手たちは関取からサインをいただき、大喜び。
その後、厄除祈祷法要が行われる本堂のゲスト席へ。法要が始まる前に、司会の奥野執事様から、各選手の身長、ポジション、出身県、それに好きな食べ物まで、丁寧な紹介をいただき、恐縮の面持ち。
法要が終わると、いよいよ豆まき。特設の桟敷に並び、年男・年女の方々と一緒に「除災得幸 福は内」の掛け声にあわせ、福をつかもうと待ち受ける参拝客に豆まき開始。ゲストは、3回行って終了。
自分たちも福をつかんで、帰路に。