-メディセオとの優勝決定戦を制す-

7月26日(日)13:50~代々木第二体育館で行われた優勝決定戦(2次リーグ最終戦)で、1次リーグ2位のメディセオと対戦。富士急応援バスで駆けつけたファンの皆様など、約100人が応援席で見守る中、何としても優勝し、Wリーグ復帰に華を添えたい山梨QB。
1Q立ち上がりから、外村の3P、横井のアシストによる近内瞳のシュート、横井のジャンプシュートなどが決まり、先行する山梨QB。相手も、高さを生かしたプレーで対抗し、20:16で2Qへ。
2Qは、2分過ぎても、両チームとも、イージーシュートを落とすなど、得点無く経過。ここから、横井-近内郁美の連係プレー、横井のジャンプシュートなどが決まり、引き離しにかかる山梨QB。ディフェンスも、平尾の厳しい当たりで相手のバイオレーションを誘うなど、山梨QBらしいプレーが出て、32:24で前半終了。
3Q は、横井、外村のジャンプシュート、連係プレーによる津田のシュートなどで差を広げようとするものの、相手は、3P攻勢などで反撃。残り1分30秒で43:43の同点とされるが 近内郁美が2本の3Pを決め、49:46で、最終Qへ。
4Q に入り、津田、近内郁美がシュートを決めるが、相手にパスカットからの速攻を許すなど、残り7分で53:54と逆転される。疲労の色の濃い山梨QBの各選手だが、横井がスローインからのシュート、近内郁美が3Pを決めるとともに、津田がルーズボールに喰らいつくなど、必死のプレーが続き、残り2分を切ったところで、64:64と同点。ここから、津田がゴール下のシュート、近内郁美がフリースローを決め、68:64と勝利の女神は山梨QBへ。
7月18日(土)の2次リーグ第2戦(VSミツウロコ戦)、19日(日)の関東総合選手権大会山梨県予選準決勝(VS韮崎高校戦)、同決勝(VS山梨学院大学)、20日(月)のWリーグサマーキャンプ(VSデンソー戦)と、厳しい試合が続き、疲労しきっていたが、コート・ベンチの選手全員の頑張りで、勝ち取った優勝。
応援リーダーを務めて頂いた保坂武後援会長(甲斐市長)様をはじめ、堀内光一郎富士急行㈱社長様、石川二比古富士急トラベル㈱社長様、フリーアナウンサー・小俣雅子様、当クラブ理事の弁護士・丸山公夫様、さらに富士急応援バスで遠来の甲斐市役所、笛吹市春日居町、OG の皆様、また、山梨中央銀行都内支店の皆様、都内のファンの皆様、選手のご家族の皆様、熱い応援、ありがとうございました。
次の公式戦は、9月12日(土)~14日(月)、埼玉県深谷市で行われる全日本実業団競技大会となります。
強豪揃いの大会ですが、全力で頑張りますので、皆様の応援、宜しくお願いします。

(試合結果の詳細は、関東実業団バスケットボール連盟のホームページで)

山梨QB 関東実業団リーグ戦、優勝!” への3件のフィードバック

  1. 優勝!!

    この暑い夏に一番熱かったのは間違いなくQB!!
    クールビュティーが多いメンバーで内に秘めての戦いでありましたが最後の最後は熱を帯びていました。

    次なるはオールジャパンに出場して本気のW勢を本気にすることでしょうか?

  2. 優勝おめでとう。
    さらに強くな〜れ。
    飯島選手、リバウンドありがとう。
    平尾選手、ディフェンスありがとう。
    津田選手、ナイスルーズ。
    郁実選手、3点シュートをありがとう。
    郁実選手、最後のフリスローありがとう。
    横井選手、瞳選手、ここまで引っ張ってきてくれてありがとう。

    3Qで集中力を切らして少々もたついたね。修正のキッカケはベンチなのかな、とうい気がしました。私を出して~、私が流れを変える~という実力のある選手が出てきて欲しいな。

    外村・飯島・津田選手、期待してます。三選手がコンスタントに活躍できると、外からのシューターが活きてきますね。

    1Q4Qに、厳しいディフェンスで行け~、とベンチから声が飛んでいた。さすがです。是非ついていこう。
    優勝おめでとう。ゆっくり疲れを癒してください。

  3. いがちゃんさん、Masakiさん、
    メッセージ、ありがとうございます。
    選手たち、みんな、本当に頑張りました。
    これから、秋の選手権大会等に向け、さらにチーム力を上げながら、
    戦っていきます。
    引き続き、応援、宜しくお願いします。

コメントは停止中です。