~ 大勢のちびっ子・ファンの皆様の観戦・参加、ありがとうございました ~
 3月22日(日)緑が丘スポーツ公園大体育館で、甲府市教育委員会主催の『山梨QB特別試合とクリニック』が開催されました。
 試合に先立ち、主催者を代表して樋口雄一甲府市長から激励のご挨拶があり、宮川典子衆議院議員、内藤久雄韮崎市長、桜井正富甲府市バスケットボール協会顧問、大木光輝甲府市ミニバス連盟会長らが観戦する中、ティップオフ。
特別試合は、これまで練習等でご協力いただいた山梨学院大学との対戦。地元チーム同士の対戦とあって、大勢のミニバスの選手、小・中学生やファンの皆さんが観戦する中、67対49(1Q:16-12、2Q:14:8、3Q:19-11、4Q:18-18)で勝利。
保坂武後援会長(甲斐市長)音頭でいつもながらの熱烈応援の中、両チームとも元気いっぱいのプレーで、会場をわかせました。
試合終了後のクリニックには、225名の小・中学生が参加して、QB選手の指導の下、4グループに分かれ(低学年・高学年・中学生)、それぞれのレベルにあったクリニックを実施。低学年のグループでは、ボールを持っての楽しみ方、高学年では、パスの出し方・ディフェンスの仕方など、また、中学生は、2グリープに分かれて5対5でのディフェンス・オフェンスの動きやシュートへの入り方などを行い、参加した子どもたちとQB選手が全員で記念の集合写真に収まってクリニックを終了しました。
最後に、ロビーで選手がサイン会を開き、大勢のちびっ子ファンに囲まれてサイン会も大盛況でした。