~ スポンサー・後援会等の皆様を迎えて ~
 3月22日(日)午後4時30分から、QB後援会の主催で、日本航空学園内のJシップカフェにおいて、平成26年度シーズン終了式が行われました。
 当日は、後援会、スポンサー、HT市町、選手雇用先企業、QBクラブ理事等関係の皆様に、多数ご出席いただき、FM甲府パーソナリティ・中澤宏一氏の名司会で会場の雰囲気を盛り上げていただきました。
 式では、保坂武後援会長さんからこの一年間のチームの活躍を称えるご挨拶があり、梅沢重雄日本航空学園理事長様、中村猛志武田消毒㈱社長様からも来季に向けての励ましの言葉をいただきました。
 QBからは、芦澤代表理事、水上監督がWリーグ復帰に向け戦力要件をクリアしたことやご支援いただいた皆様へのお礼を申し上げ、白倉政司北杜市長様のユーモアーある「完勝」(乾杯)のご発声で、歓談に入りました。
会が盛り上がる中、今年度の各大会で表彰された横井美沙・近内瞳選手とチームを牽引した外村悠貴キャップテンを紹介し、それぞれ他の選手の協力やファンの皆様のご声援があったので受賞できたと喜び挨拶がありました。また、今季限りで引退する金川智奈美・中山温美両選手の紹介と涙、涙の挨拶—。
 代表から表彰された選手、引退する選手をはじめ全選手に、「当りが強かったで賞」や「いつもポジティブで賞」など、選手のキャラやプレー振りを紹介しながら、金一封を贈呈しました。
 外村キャップテンが代表して、今季のお礼と来季の抱負を述べ、各選手も、お礼を一言ずつ。次に、正木マネージャーから来季の試合日程等の発表と、新人の飯田都季選手を紹介があり、参加者から「がんばれ」の掛け声。
 最後に、富士急トラベル㈱石川二比古社長様の関東一本締め(万歳三唱)で、盛会のうちにお開きとなりました。