山梨クィーンビーズ 69 ● VS トヨタ紡織 73 ○

1Qゲームは静かな雰囲気で淡々と進みました
クィーンビーズは相手の激しいディフェンスに攻めあぐね、思うように得点できず、反面紡織はディフェンスからリズムを作って好調に得点を伸ばして7−23とクィーンビーズは大きくリードされて1Qを終了。
インサイドが機能せず二宮の外からのシュートに頼る展開となったクィーンビーズは、1Q途中で岡田が負傷してコートを離れ、6人で戦う苦しい苦しい展開となりましたが、徐々に小松、佐藤のインサイドは機能し始めオフェンスでのイン・アウトのリズムが作れ初め、オフェンスリバウンドも粘って徐々にかくとき出来るようになって来た。
最後は4点差で敗退となりましたが、惜しいシュートをいくつも外してしまったクィーンビーズには悔やまれる展開となりました。
明日も同じ会場で12時からトヨタ紡織との対戦となりますので、皆様尾上ニョロしくお願い致します。