2020-21 チームスローガン

9月に開幕予定の第22回Wリーグに向けて、山梨クィーンビーズの登録選手が確定いたしましたので、芦沢薫代表理事・伊與田好彦ヘッドコーチ・新キャプテン水野菜穂からのご挨拶とともにご紹介いたします。

選手・マネージャー プロフィール

背番号氏名フリガナ身長ポジションコートネーム出身出身校
(最終学歴)
勤務先生年月日年齢
2渡邉まりいワタナベマリイ177PFウタ埼玉県山村学園高校山梨信用金庫1997年5月月10日23
7後藤優ゴトウユウ166SGマコ大分県鹿屋体育大学㈱はくばく1995年6月月26日25
8金子仁美カネコヒトミ180PFココ熊本県東海大九州(富士急G)
CCグリーンバレイ
1997年1月月5日24
9豊田有紗トヨダアリサ180ログ佐賀県東海大九州㈱山梨中央銀行1997年1月月5日24
11瀬山楓セヤマカエデ174SFルル大分県名古屋学院大学山梨信用金庫1996年2月月2日25
13若原愛美ワカハラマナミ171ラン愛媛県東京医療保健大学㈱山梨中央銀行1996年7月月27日24
18岡萌乃オカモエノ176PFモエ兵庫県大阪人間科学大学㈱山梨中央銀行1993年7月月14日27
21近内瞳コンナイヒトミ170SGコン茨城県大阪人間科学大学医療法人社団協友会
笛吹中央病院
1986年7月月27日34
33加藤宇希波カトウウキハ167SGウッキー神奈川県松蔭大学㈱クスリのサンロード1996年10月月15日24
47内堀紫菜ウチボリシナ165SGシナ長野県愛知学泉大学㈱山梨中央銀行1994年9月月7日26
74水野菜穂ミズノナホ171レン埼玉県東京医療保健大学㈱山梨中央銀行1994年10月月6日26
高橋ありさタカハシアリサ169リョウ東京都日本体育大学㈱クスリのサンロード1991年9月月30日29
5富田愛理トミダアイリ183Cドル愛知県中部大学㈱クスリのサンロード1997年4月月15日23
30土田帆乃香ツチダホノカ165Gビビ三重県武庫川女子大学山梨県立韮崎高校1997年12月月15日23
77山本由真ヤマモトユマ166Gアス千葉県山梨学院大学甲府信用金庫1997年7月月8日23
45渡邊愛加ワタナベマナカ177CFコア山梨県筑波大学富士急トラベル㈱1995年1月月25日25
M玉城文海タマシロフミ160ラム沖縄県山梨学院大学甲斐市役所1997年9月月22日23

ご挨拶

芦澤薫 代表理事

―Get Over ! それぞれの思いを込めてー
今季は、Wリーグに復帰して5年目を迎えます。
このチームスローガンの下、さらに躍進するチームづくりを進めながら、現下の困難な状況に立ち向かう県民の皆様に、山梨QBらしい明るい笑顔を発信し、そして悲願の「プレーオフ進出」の実現を目指します。
昨季は、開幕戦の東京羽田戦に初勝利し、以後、アイシンAW、新潟アルビレックスから白星を挙げ、いよいよ目標のベスト8に向け、選手たちの意気も上がっていた矢先、新型コロナウイルスの影響で、2月29日以降のリーグ戦が中止となりました。このため、成績は、3勝13敗、10位で終えることとなりましたが、皇后杯選手権大会では、初めて、ベスト8に入り、目標の一つをクリアすることができました。
今季は、新潟アルビレックスから移籍した富士吉田市出身の渡邉選手や3名の大学リーグで活躍した新人選手が入団し、15名の新チームでWリーグ戦·皇后杯選手権に臨むこととしております。
新型コロナウイルスの影響で、4月以降、個人練習·グループ練習など、限定的な練習をせざるを得ない状況でしたが、6月6日から、本格的な全体練習に入っております。
リーグ戦は9月からスタートする予定ですが、伊與田ヘッドコーチの指導·指揮の下、気迫あふれるプレーで、目標に向け、力いっぱい戦って参る所存です。
なお、新型コロナウイルスの終息がなかなか見通せない中ではありますが、スポンサー、選手雇用先、後援会、ホームタウン市町など、関係の皆様には、変わらぬご支援·ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

伊與田好彦 ヘッドコーチ

[2020年チーム方針]

  1. コロナ禍の中にあっても諦めず、毎日の練習を大切にして成長できるチーム。
  2. 厳しく限られた環境を言い訳にせず、各々ができる最大限の努力を追究できるチーム。
  3. ファンや観客の皆様に感動を与えられるファイトあふれるプレイができるチーム。

[目指すプレイスタイル]

  1. ディフェンシブにゲームを展開し、そこからのブレイクで得点できるチームを目指す。
  2. 多くの選手でタイムシェアーができ、誰かに頼るのではなくチームで攻防を行えるチームを目指す。2020-21シーズンは、もっと多くの選手にタイムシェアーをしていきたい。
  3. 泥臭く勝利を勝ち取るためのファイトあふれるプレイを目指す。

頑張るチームから勝てるチームへ変貌が遂げられるように努力し続けますので、皆様の温かいご支援·ご声援をよろしくお願いします。

キャプテン 水野菜穂

今シーズン、キャプテンを務めることになりました。昨シーズンは、台風の影響で試合が延期になったり、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断されたりとイレギュラーなシーズンでした。
そんな中でも、開幕戦の勝利から始まり、シーズン中断までの16試合で3勝を挙げ、皇后杯ではベスト8に入るなど、少しずつですが成果をあげることができました。
しかし私たちの目標はプレーオフ進出であり、まだ達成できてはいません。今シーズンも引き続きその目標を掲げ、現在様々な制限がありながらも練習やトレーニングに励んでいます。
私たちにできることは、バスケを通じて皆様に元気や勇気を与えることです。今シーズンどのような形で迎えるかはわかりませんが、どのような形でも最高の状態でシーズンを迎え、皆様と勝利の喜びを1つでも多く味わいたいです。

会場でまた皆様とお会い出来ることを楽しみにしています!