一般社団法人バスケットボール女子日本リーグ(以下「Wリーグ」)は、昨日2月20日に新型コロナウイルス感染拡大防止に関して厚生労働省から発表された件を受け、今週末2月22日(土)より再開する今後のWリーグ公式戦の開催に際し、下記の対応を各開催地と連携し、皆様が安心して試合を観戦いただける環境を整え、感染対策・予防に細心の注意を払い実施してまいります。
我々ができる限りの努力をすることで、「リーグ戦を通して女子バスケットボールをより魅力的なスポーツに育み、広く国民に《普及》し、楽しめるスポーツとして地域スポーツ振興に寄与する」という自らの役割を果たして参りたいと思っております。

(1)試合会場での各運営スタッフは興行時において、マスクを必着とすること
(開催地スタッフや警備・運営スタッフ等)
※ただし、コート周辺における進行・競技の担当スタッフは場合によりマスクを外し業務に従事することがございます
(2) 試合会場の場内入口付近に消毒液を設置すること
(3) 2月17日(月)にご案内の通り、選手による試合以外の活動を自粛させていただくこと
選手とのふれあいを楽しみにしていたお客様に対しては大変心苦しい限りですが、皆様の安全を最優先に考慮した判断であります。何卒、ご理解賜りたくお願いいたします
いわゆる選手の「入待ち」「出待ち」「差し入れ等の手渡し」などの行為もご遠慮ください。

※(1)および(2)のマスクや消毒液については、昨今の物資不足により一部体制構築に時間を要する場合がございます。鋭意物資調達を進め、体制が整い次第実施とさせていただく場合がございます

■ご来場のお客さまへお願いとご注意
厚生労働省からの発表にもございます感染対策・予防の趣旨をご理解いただき、以下の通りご協力をお願いいたします。

(a) 風邪のような症状や、とくに高齢の方および基礎疾患をお持ちの方については、ご来場をお控え下さい
(b) 感染予防のため、ご来場いただく際も極力マスクを着用し、うがい・手洗いなどの感染対策と、咳エチケット、設置された消毒液の利用についてご協力下さい

(c)すでにチケットをご購入頂いたお客様で、ご来場へのご不安をお持ちの方はチケット購入代金の返金手続きをお受けいたします。返金手続きの詳細に関しては、別途ご案内いたします。