20190715 - 1

201907151 - 1

201907151 - 2

20190715 - 4

20190715 - 3

サマーキャンプ2019 が昨日終了しました
クィーンビーズ最終戦の対戦相手はトヨタ紡織。
前半は26-30と射程圏内で折り返したが、3Qで開かれた点差を詰めきれず50-66で敗退となりました。

試合終了後は選手全員で体育館の片付け
その後は恒例の出身校別フォトセッション、参加選手全員で「W」の人文字撮影を行って全日程が終了となりました。

全日程終了後の選手コメント

キャプテン 岡萌乃

2日目までは毎区クォーター新人も含め5分ごとにコートに立つメンバーを交代することで、新人も試合に絡め、Wの戦いを経験出来たことは今後に向けて大きな経験になると思う。
最後のトヨタ紡織戦は実戦形式というか、本来の選手起用方法も試せた。自分たちのやることとしてはディフェンスから早い展開に持っていかなくてはならないが、この3日間、前半はそれが出来ても最後まで続かなず点差を離されることが多かった.。スタミナを消耗する身体の当たりに対する対策や、走り込みを今後行っていかなくてはならないと思う。

副キャプテン 水野菜穂

ここまで大学生との試合では出来ていたことが、Wの選手と対戦すると出来なかった部分もあった。ここからは、この3日間で体感したことをを基準にトレーニングしていきたい。伊與田ヘッドコーチから「ディフェンスは1Qを15点以内に抑える」という明確な目標を提示されたので、結果として15点以内に抑えられたか?という判断が毎回クォーター行えた。その結果、自分たちがやって来たことを出し切ば目標を達成できることは実感できた。

なお、伊與田ヘッドコーチのサマーキャンプ総括は後日アップいたします。