2019-4-6- - 1

昨日(4月6日)の新加入選手記者発表、芦澤代表の挨拶に続き伊與田コーチが4人への期待を語った。その後、緊張気味な新加入4選手の自己紹介、キャプテン・副キャプテンとしての2シーズン目を迎える岡萌乃・水野菜穂から4人への激励。最後の報道各社からの質疑応答では、雰囲気に慣れてきた4選手から笑顔も見られた記者発表の様子をレポートします。

芦澤代表

クィーンビーズとしては大型選手・スピードのある選手・シュート力のある選手の獲得を目指した結果、今回の4名の獲得に至った。4名それぞれのプレイスタイルを活かして早くチームに溶け込んで欲しい。
キャプテンは岡萌乃、副キャプテンは水野菜穂に昨年に続きチームを引っ張ってもらいたい。
今シーズンも22試合、伊與田好彦コーチの元、進化したクィーンビーズの姿をお見せしたと思います。

伊與田コーチ

クィーンビーズのウィークポイントはリバウンドと得点力
その2つをカバーできる新人4人の加入は、非常に期待できると思っているが、練習を見ているとフィジカルの部分では足りない部分がある。10月の開幕までに鍛え上げ、チーム全員で泥臭く戦っていきたい。
新人選手自己紹介

2019-4-6- - 3

#8 金子仁美(かねこひとみ)
東海大九州出身
ポジション:センター
コートネーム:ココ

2019-4-6- - 5

#9 豊田有紗(とよだありさ)
東海大九州出身
ポジション:センター
コートネーム:ロブ

2019-4-6- - 2

#13 若原愛美(わかはらまなみ)

東京医療保健大学出身
ポジション:フォワード
コートネーム:ラン

2019-4-6- - 4

#33 加藤宇希波(かとううきは)
松蔭大学出身
ポジション:シューティングガード
コートネーム:ウッキー

キャプテン 岡萌乃

クィーンビーズは小柄なチームなので180cmクラスの金子・豊田のセンターが補強できたことは大きいと思う。
センターには伊與田コーチも私も、そしてチーム全員が期待しているので頑張って欲しい。大学の関東1部リーグで活躍していた若原・加藤には経験を生かしてWリーグでどこまで通用するかチャレンジして欲しい。

チーム一丸となって頑張ります。

副キャプテン 水野菜穂

今回加わった4人とも明るく、真面目で向上心溢れる選手なので、一緒に練習して行く中でチームの中に混ざり合って頑張ってもらいたい。

今シーズンもよろしくお願いします。

以下、質疑応答

伊與田コーチに新人各選手にどんなシーンでの活躍を期待するか

ウィークポイントのリバウンドの場面で金子・豊田には頑張ってもらいたい。先シーズン最終戦のデンソー戦では1ピリにシュートまで行っても得点が取れず苦戦した。こういう場面を補うために、若原・加藤のシュート力に期待したい。ただ、走る・飛ぶというところがまだまだ出来ていないので、これから鍛えていく。

新人4名に自分の得意なプレーを教えてください。

#8金子
ジャンプシュートが得意なのでそこを見てもらいたいです。
#9豊田
フックシュートを見てもらいたいです。

#13若原
オフェンスでは合わせのプレイ、ディフェンスではヘルプディフェンスを見てもらいたいです。

#33加藤
スリーポイントシュートを思い切って打って、それを決め切るところを見てもらいたいです。

山梨の印象とコートネームの由来

#8金子
山梨印象は山が多い
コートネームの由来は「心を込めてプレイする」でココです。

#9豊田
印象は風が強くて景色が強い
コートネームの由来は「ストロング」のログです。

#13若原
山梨印象は富士山が綺麗
コートネームの由来は「クラウン(王冠)」のランです。

#33加藤
山梨印象は水がそのまま飲めるのに驚いた
(会場の一同から笑い声)
コートネームの由来は、他の選手とは違って小さい時から宇希波という名前が好きで、そこをあまり崩したくなかったので、小さい時からの愛称を、そのままコートネームにしてもらいました。

今後に向けて意気込みを教えてください

#8金子
1年目なので、チャンスをもらったら思い切りプレイして、少しでもチームに貢献したいです。

#9豊田
1日1日を大切にしてチームと一緒に自分自身も成長していきたいです。
#13若原
プレイオフ進出に向けて自分らしく、熱い気持ちで頑張って行きたいです。

#33加藤
思い切りプレイしてプレイオフ進出に向けて、自分の出来ることを精一杯やって行きたいです。

2019-4-6-1 - 1

2シーズン目のキャプテン・副キャプテンに、今の時点で10月まで、どうチームを引っ張って行きたいですか

2019-4-6-2 - 1

・岡萌乃
昨年はチームとして、それまでの「コミュニケーションが少ない」ことの改善に取り組んできた。仕事とバスケの両立で時間は少ないが練習でもプライベートでも時間を共有して、取り組みを継続していきたい。
伊與田コーチとも2年目になるので、キャプテン・副キャプテンが伊與田コーチの意向をチームに伝えなくてはならないし、選手の意見を伊與田コーチに伝えることがチームがうまく回る上で不可欠だと思う。そこを意識して取り組んでいきたい。

2019-4-6-2 - 2

・水野菜穂
今シーズンはさらに若いチームになったと思うので、若いからこその明るさを若手が全面に出してチームを盛り上げて行きたい。