クイーンビーズ 57– 68 日立ハイテククーガーズ

昨日に続き本日も県内外から多くのファンの方が応援に駆けつけていただき、クィーンビーズのプレーを後押ししていただきました
ありがとうございました。

前半終了時33-27とリードして折り返したものの後半、得点が伸びないクィーンビーズに対してパスが回りだした日立ハイテククーガース(以下 日立ハイテク)が得点を重ね、3Q終了時点で45-47とクィーンビーズが2点ビハインド。

4Qも得点は伸びず、日立ハイテクに57-68で敗退となりました。

ボックススコアほか、試合の詳細はオールジャパンの特設サイトでご覧ください。—> クリック

BAD366F2-443F-4A3E-AEFF-7C6EDA39D324

0DB0ED2E-92D7-4E12-862A-FAB3EF9C3AD3

7B47D03B-B11E-442F-921E-5EBD3622A056

オールジャパン2回戦vs日立ハイテククーガーズ戦” への2件のフィードバック

  1. チームを変えていかなくちゃ。
    もっと喋ろう。
    試合中も、練習中も。

    山本HCに質問です。
    4Q残り3分25秒で、イクミを下げたけど、あの点差でどうやって追いつこうという戦略だったのでしょう?

    それとは別に、チーム内で誰がシューターなのかフィニッシャーなのか意思統一されていないのでは。打つべき人が打てるように組み立てて欲しいな。打つべき人は迷わず打つべし。

  2. なんで勝てないかってねえ?
    チームないもの『全て』なんだものそこから勝ちを生み出すのはね至難の業だわ!!
    それでも応援しますよ。チームを信じて
    ね、選手の皆さんはあこがれのWリーグの舞台にたって、あこがれの選手とプレイしているわけですから
    その感動は今年で感じたと思いますので、ないもの一つでもいいから『ある』と言えるように。
    それで『おせち』どうでしたかね少しでも力になればと思いまして。

コメントは停止中です。