山梨QB 55 – 90 富士通

水上監督のコメント

1対1で守ろう」とスタートしたが足元に寄れず、クローズアウトも出来ず自由にやらせてしまい、相手の篠崎・曽我部に前半だけで7本のスリーポイントを決められたこと、シュートに行く前のターオバーが多いこと、そしてこれも課題であるリバウンドが取れず相手をリズムに乗せてしまい、結果チームとして収拾がつかなくなってしまった。

ハーフタイムに「明日につながる、来週以降のホームタウンの試合につながるゲーウをしよう」と相当檄を飛ばして後半に挑んだが厳し試合になってしまった。

エンルー、外山が今日は二人で20点取った
やはり、インサイドとアウトサイドをうまくミックスさせる、ディフェンスからうちのリズムを作るというところに明日はしっかりとチャレンジしたい。

ボックススコアーはこちらからでご覧ください

20161119-QB-150658

20161119-QB-145549

20161119-QB-152105