―上位グループヘ 遠い ワンゴール―
 両チームとも、上位グループに残るには負けられない一戦。前半は、両チームともにシュート確率が低く、一進一退の展開。そうした中でもメディセオは、プレスで仕掛けては貧欲に攻め、21対32と11点差をつけられて、前半終了。
 3Qに入りQBが積極的に攻撃を仕掛けて、3Q残り40秒で同点に追いついたが、メディセオも残り8秒シュートを決め、2点リードを許して4Qへ。最終Qではメディセオが立上りは良く、残り3分で10点リードをされ、会場は重苦しい雰囲気に。終盤、ファンの声援をバックに、今のQBらしく食らいつき始め、1点差まで追い上げたが、同点・逆転するまでは行かず、最後は1ゴール足りずに大事な試合を落としてしまいました。
 この敗戦で上位グループでの戦いは、非常に厳しいものになりましたが、一次リーグ最終戦を全力で戦いますので、皆さまの温かいご声援をお願い致します。
 次回は、29日(日)に東京代々木第2体育館で午前11時40分から三井住友銀行と対戦します
 試合結果は、関東実業団バスケットボール連盟ホームぺ―ジでご覧ください。

山梨QB 関東実業団リーグ 第6戦の結果 ” への2件のフィードバック

  1. 勝てそうなゲームだったんですね(^_^;

    最終戦は勝利で(^-^)/

    ふぁいと!!QueenBees!!

  2.  りーつぇんさん、いつも激励、ありがとうございます。
     今回も、保坂後援会長さんの音頭で、山中小の子供たちや富士急トラベルの皆さん、
    ファンの皆さんから「QB、がんばれ」「先生ファイト」「飯島がんばれ」…と、
    熱い声援をいただき、粘ったんですが、結果は一歩及ばず…。
     三井住友銀行との最終戦、甲府から応援バスも出ます。
     全力で戦いますので、応援よろしくお願いします。

コメントは停止中です。