今年、多くの方々からのご支援により、12/2、3の新潟戦で勝利をつかむことが出来ました。今、選手が練習後にいただく料理には、卵がふんだんに使用されていますが、これは、中島鶏卵様(株式会社中島鶏卵市場  甲府市国母6丁目4-4(甲府地方卸売市場内))から、11月から支援して頂いているものです。それをクラブの管理栄養士が調理をしているのですが、せっかくなので、そのレシピを公開いたします!アスリートが食する料理ですからヘルシーであることは最低条件です。しかも美味しくて、ご家庭でカンタンに作れますよ!ぜひ参考にしてみてくださいね。
<トマト煮 卵落とし>(160kcal)

★材料(4人分)

卵:4個(タンパク質)
あさり:200g (タンパク質、鉄)*シーフードミックスでもOK
トマト:3〜4個 またはトマトホール缶:1缶
たまねぎ:1個
人参:1/2本
ピーマン:2個
小松菜:1/2袋 またはニラ (カルシウム)
レモン:1個
にんにく、しょうが:適量
調味料は、塩・こしょう・コンソメ・料理酒・白ワインなどお好みで
野菜はお好みで、コーンやナスなど入れても美味しいです
量もそれぞれ調整してお試しください

★準備

あさりは塩抜きする
野菜類は食べやすい大きさに切る
にんにく、生姜はみじん切りにする

★作り方

1.フライパンに油を敷き、生姜、にんにくを香りが出るまで炒める
2.野菜を炒める
3.全体に油が回ったらあさり(またはシーフードミックス)トマト(またはトマト缶)調味料を入れる
tot-1

4.野菜に火が通ったら卵を割り入れる

tot-4

5.味を調え、卵がお好みの固さになったら完成

tot-2

tot-3

 

あさりで貧血を予防し、トマトのクエン酸で疲労回復の効果も有るので
働く女性にピッタリ。
卵のタンパク質を同時に摂ってヘルシーに体作りを!
トマトの酸味でクセが消えて、野菜の旨味が引き立ち
卵が入っていることで、お子様にも食べやすい一品です。

<元気いりたまご>(220Kcal)

★材料(4人分)

卵:4個(タンパク質)
牛乳:100ml(タンパク質・カルシウム)
チーズ(ミックスチーズ、プロセスチーズ、とろけるチーズなど):大さじ4杯(タンパク質、カルシウム)
じゃが芋:2個(炭水化物・糖質)
玉ねぎ:2個
豚ひき肉:40g(タンパク質)
調味料は塩、こしょう、コンソメ、ケチャップなどお好みで

★準備

ボールに卵と牛乳を入れで混ぜる
玉ねぎはみじん切り
じゃが芋は食べやすい大きさに切り、レンジで温めて軽く火を通しておく
豚ひき肉は湯通ししておく

★作り方

1.フライパンに油を敷き、玉ねぎをきつね色になるまでよく炒める
2.湯通しした豚ひき肉を入れ、火が通るまで良く炒める
3.あらかじめ火を通しておいたじゃが芋を入れ炒める

genki-2
4.具材に火が通ったら、ボールに入れてあった卵を流し入れる

genki-5

genki-1

5.味付けしてチーズを入れ、ふたをして卵に火が通るまで待って完成

genki-4

美味しく野菜が摂れて
チーズと牛乳のカルシウムは、成長期のお子様に効果的。
アスリートには持久力アップの効果もあります。
じゃが芋に含まれるビタミンCは加熱しても壊れないのでお勧めです。
さらに豚肉と合わせることで吸収もアップ!

 

いかがでしたか?これから定期的に「山梨クィーンビーズの卵料理」を公開していきますのでお楽しみに!