qb-2017-11-10-123335

qb-2017-11-10-123729

qb-2017-11-10-123933

qb-2017-11-10-124346

昨日、富士通戦を前に会場となる忍野中学校体育館で練習するクィーンビーズ水上HCに富士通戦への対策を聞いてみました。

富士通は町田、篠崎のガード.フォアードがしっかりしたチーム、ディフェンスでは前節のデンソー戦で成功した部分もあるインサイドの選手への対応を継続しながら、この2人を自由に動かせないことが必要になる。オフェンスではファーストブレイク、アーリーオフェンスで出来るだけセットを組まない展開に持ち込み数多くシュートを打ちたい。前節もシュート数では相手を上回ったが精度が低かった。その辺りを改善するきっかけを掴むためにシュート練習の方法をこの一週間変えてみたが、その結果がどう出るか。

トヨタ紡織戦、デンソー戦と相手がギアを入れ替え勝負に来た場面で、受けに回ってしまい試合の流れを相手に渡してしまう場面が見受けられた。水上HCは「闘争心のスイッチをどう入れるか?」と表現していたが、その部分に関しては
「選手がベンチの指示を気にし過ぎている部分もあったので、自分たちで考えて相手の対応の変化を楽しむくらいの気持ちで試合に臨もう」と話している。

リーグ戦は今節が終わるとオールジャパン3次ラウンドのため小休止
今日明日、ホーム忍野村で開催される富士通戦は1つの区切りとしてクィーンビーズの変化、成長を期待したい。

応援よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です